sunset.sunrise

好きなものとか日常をつらつら。

THE RAMPAGE

THE RAMPAGE(AL2枚組+DVD2枚組)

THE RAMPAGE(AL2枚組+DVD2枚組)


ランペちゃんのファーストアルバム、遂に出ました!
ランペちゃんの楽曲は以前の記事でもハズレがないと言っていたので、アルバムの発売が楽しみで待ってました。



新曲も含め改めて聴いてみたけど、やっぱり個人的には楽曲にハズレがない!
カッコいいッス。


今回買ったのは2CD+2DVD。
基本的にアングラ感の強いランペちゃんの楽曲だけど、Downtown Sideは本家本元のアングラ感の強い楽曲が収録されてます。

[Disc1/Downtown Side]
1. Lightning
2. LA FIESTA
3. Fandango
4. HARD HIT
5. 100degrees
6. Knocking Knocking
7. New Jack Swing
8. SWAG IT OUT
9. FRONTIERS
10. GO ON THE RAMPAGE



Uptown Sideはテンポのいい、ランペちゃんの楽曲では割りと明るめな曲が収録されてて、Discによってガラッと雰囲気が変わるので面白いです。

[Disc2/Uptown Side]
1. Dirty Disco
2. DREAM YELL
3. Can't Say Goodbye
4. Over
5. ELEVATION
6. The Typhoon Eye
7. Dream On
8. BREAKING THE ICE
9. Shangri-La
10. Only One


個人的にはUptown Sideの楽曲の方が好きな曲多いかな。

DVDはMVは全部見たけど、アングラ感満載でめっちゃカッコいいです。
ボーカルのほくちゃんが推しなのですが、DiscoDirty、100degrees、Fandango、HARD HITのMVのほくちゃんの髪型、髪色、ビジュアルが最高に好きです。
とにかくもう見てくれ!としか言いようがない。
本当に見てほしい。

ただ、人数が16人とめっちゃ多いのでずっと見てると目が回りますけど…(笑)

【DVD/Blu-ray
[Disc3]※映像付4形態共通
<MUSIC VIDEO>
1. Lightning
2. FRONTIERS
3. Dirty Disco
4. 100degrees
5. Fandango
6. HARD HIT
7. LA FIESTA
<DOCUMENTARY>
SOUL SURVIVOR ~4年間の軌跡~


ドキュメンタリーも付いてます。
2014年のグループ結成からこの間のファーストツアーのファイナルまでのドキュメントが見れます。

ドキュメンタリー見たけど、本当に大変だったんだなと知りました。
パフォーマーはほとんどが2014年のEXILEパフォーマーオーディションを受けてて、落選したメンバーだったので見たことある子が多かったんですが、意外と2017年のデビューまでに時間かかったなーと思ってましたつたし、合宿もして武者修行も2回も行ってたけど、その間の期間は無駄じゃなかったって全員が言ってて、彼にとって人としてスキルアップすることが出来た必要な期間だったと思いました。

詳しくはドキュメンタリー見てくれ!
ここで語るより見た方がわかる!



[Disc4]※【2CD+2DVD】【2CD+2BD】2形態のみ
「THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 “GO ON THE RAMPAGE”」
1. OPENING
2. Lightning
3. GO ON THE RAMPAGE
4. Unbreakable
5. Dream On
6. DREAM YELL
7. Shelter
8. Knocking Knocking
9. Can't Say Goodbye
10. Impromptu Song
11. Lost Moments ~置き忘れた時間~
12. 君がいるから
13. Get Ready to RAMPAGE (Battle Remix)
14. New Jack Swing
15. Fandango
16. Dirty Disco
17. ELEVATION
18. Shangri-La
19. FIND A WAY
<ENCORE>
20. 13 SAVAGE (Live Remix)
21. RAMPAGE ALL DAY (Stomp Remix)
22. 100degrees
23. FRONTIERS
24. GO ON THE RAMPAGE


さらにDVDのDisc2にはこの先までやってたファーストツアーの映像が収録されてます。
まるまる収録されてるから凄いなー。
おかげでライブDVD単体の発売はなさそうだけど…(笑)
こちらはネタバレ防止のため書きませんが、16人は圧巻でどこ見たらいいんだ!ってなりました(笑)



ランペちゃん、未だにメンバーの名前全員わからんけど、楽曲もダンスもカッコいいし、ボーカルもカッコいいのでイチオシです。

F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS

F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS(CD+DVD)

F.L.Y. BOYS F.L.Y. GIRLS(CD+DVD)


6月に発売されたGENERATIONSのシングル。

Mステ出演時の歌唱前にタイトルが発表されるというまさかの発表形式でした(笑)

衣装が物凄くギラギラしてて一瞬目を疑いましたけど、まぁ本人達に似合ってるからいいのでしょう。


この曲は『シュート』っていうアメリカで流行ってるらしい振りが特徴なんですけど、いかんせん同じ時期に発売されたDA PUMPの『U.S.A.』にも同じ振りのシュートが入ってて、そっちに話題を持ってかれてしまって…(^^;

どちらともパクりとか言われてて悲しいですけど、同じ時期にやってるんだからパクリではないでしょう。
流行ってるのを取り入れたのが一緒のタイミングだったってことは本当にアメリカで流行ってる振りって証拠なんだろうと思いました。



C/W曲はGENERATIONSにしては当たり曲。
『UNITED JOURNEY』って曲ですが、カッコいいです。今回のドームツアーのテーマ曲らしいのですが、これはライブで生で聴きたかったな。



あとジャケ写めっちゃカッコいいです。
片寄君は年々カッコ良さが増しててこの先どうなるんだろうと若干恐れてます(-_-)

HARD HIT

HARD HIT(DVD付)

HARD HIT(DVD付)


こちらは7月発売のシングル。

この曲もランペちゃんらしい重低音な曲が表題曲です。
最近ようやく覚えたのですが、ラップ歌ってるのは川村くんっていうボーカルの子らしいです。
(本当に今更)
今回の表題曲もラップ入ってますが、この子のラップは聴きやすくていいですね。


C/W曲は『BRANDING THE ICE』っていう曲が好きです。これまた爽やかな曲でランペっぽくないんですけど(笑)

ランペはC/W曲もハズレがないから本当に凄い。(GENERATIONSとか三代目は個人的にハズレがたまにあるから)




なので9月に発売されるランペちゃんのアルバム、予約してしまいました。
アルバム曲もハズレがないのではないかとかなり期待してるので楽しみです。


ですが、未だにメンバーの名前と顔が一致しなくてお勉強中です…(-_-)
とりあえずボーカルだけでも覚えたくて3ボーカルは覚えました。
陸くん、川村くん、北人くん。
個人的には北人くんが可愛くて推しです。
パフォーマーは…徐々に覚えていきたいと思いますが、頻繁に髪型変わる子が何人か居て覚えられません(´・ω・`)
前回のジャケ写と見比べても一致しない子がいるってどういうこと…。

Fandango

Fandango(DVD付)

Fandango(DVD付)


4月発売なのに今更ですが紹介。
だって発売日がTOKIOのあの事件があった日だったのでそれどころじゃなくて…、まぁ察してください。



RAMPAGEは未だにメンバーの名前と顔が一致しませんが、楽曲にハズレがなくて凄く好きです。

今回の表題曲はラテンっぽい曲ですけど、めっちゃカッコいいです。何だろう…ランペのボーカルって英語の発音が良いからなのか、聴いてて違和感はあんまりないです。
あとラップもあるけど、聴きやすいラップなので嫌な感じがしないから私は好きです。


C/W曲は『Dream on』って曲が好きです。
週刊EXILEでVBA5のオーディションの課題曲だったので、聞き馴染みのある曲ってこともあって好きです。
あと、結構重低音の曲多目な曲が多いランペですけど、この曲めっちゃ爽やかな曲で私的にはちょっとランペっぽくはないと思ってました。けど、こういう曲も歌えるんだって再発見した曲でもあります。


1枚で色々な曲のランペが楽しめるのでオススメです。
あと、普通にジャケ写がカッコいいです。

FUTURE

FUTURE(AL3枚組+DVD4枚組)(スマプラ対応)

FUTURE(AL3枚組+DVD4枚組)(スマプラ対応)



もう1ヶ月も前になりますけど、三代目のアルバム買いました。

シングル曲はもちろん入ってますけど、今回のアルバムの表題曲の『RAINBOW』と『恋と愛』って曲がめっちゃ良いんですよ。


RAINBOWは最初に聴いたのはMステだったんですけど、最初は三代目の曲っぽくないなぁと思いました。
三代目って自分の中のイメージではバラードかR.Y.U.S.E.I.のようなダンスナンバーって印象のが強いので。
けど、登坂さんとエリーさんが作詞してて、めっちゃオシャレな曲なのに三代目とファンのことを歌詞にしてる曲でちょっと意外だなぁと思いました。
登坂さんって私の中のイメージだとクールな感じなのでそういう歌詞は書かないと思ってたので、いい意味で裏切られた感があってスゴい好きな曲です。
PVもメンバーがハワイでわちゃわちゃしてて凄く良いんですけど、YouTubeでダンスverのMVも見れるので是非ともそちらも見て欲しいです。
個人的にはダンスverのが好きなのでそっちもDVDに収録して欲しかったな。


『恋と愛』は三代目の王道のバラード曲なんですけど、歌詞を見るとまぁ辛い…。別れを決意した曲なんで仕方ないんだけど。でも三代目に合ってていいなぁとは思います。けど、歌詞は心を抉られますけど(笑)
『蛍』って曲がその前に収録されてるので、『蛍』聴いてから『恋と愛』聴くと話が繋がるってメンバーが話してたのでそれは面白いなぁとは思いました。



ちなみに今回のアルバムはDISC2に今市隆二のソロCD、3に登坂広臣のソロCDが付いてます。


隆二さんはR&Bテイストな曲が多くて、登坂さんはダンスミュージックな曲が多いので、二人の音楽の世界観が全然違ってて面白いです。
三代目ではやれないような楽曲ばかりをやってるので好き嫌いはあるでしょうけど、私はソロ楽曲も結構好きです。

ちなみに私のオススメ曲は
隆二さんは『Angel』、登坂さんは『DIAMOND SUNSET』と『Smile moon
night』ですかね。『DIAMOND SUNSET』はマジでオススメです。出勤するときずっと聴いてます。


あと、『SEVEN/7』ってドキュメンタリーも入ってましたが、これもかなり見応えありました。各メンバーの1年がドキュメンタリーになってるので見るのもめっちゃ時間かかりますけど…(笑)
でも、各々が何を考えてどういう姿勢で仕事をしてるのかがわかるので面白いです。
ただ、私から言えるのは「めっちゃオシャレな仕事してんなぁ、この人達」ってことだけです(笑)

セブンルール

SNSで推しや好きなことにに対するセブンルールというのがあるのを見ました。色々なセブンルールを見て納得することがたくさんありました。


では、私のセブンルールは何だろうと考えた結果、以下の通りになりました。






①推し出演番組でも合わない番組は無理して見ない

これはヲタクを始めた頃からの決まりです。
TOKIOは個人のレギュラー番組も多いので、全部見ようとしたら本当に大変です。
ドラマも一応見ますけど、ストーリーがイマイチだったら次週からは無理して見ないようにしてます。
バラエティー番組も個人のレギュラー番組はほとんど見ません。レギュラーのバラエティー番組で見るのはDASHとトキカケのみ。
推しがゲストで出るものに関してはTOKIOでもGENERATIONSでも三代目でも見るようにしてます。



②無理して遠征しない(なるべく地元)

愛知県在住なので大抵のライブは名古屋公演あるので、申し込みは名古屋だけにしてます。
まぁ、TOKIOの20周年の時のようにアニバーサリーイヤーのときはやっぱり武道館行きたかったのでそのときは武道館公演行きましたけど、基本的には地元公演のみの申し込みしてます。
あと、番協も東京ばっかりなので申し込みしません。



③発売形態と特典は吟味する

TOKIOだとCDなら初回、通常両方買います。
(TOKIOのことには迷いはない)
けど、V6やGENERATIONS、三代目は発売形態、店舗の特典内容が複数あるのでどれを買うのかをしっかり吟味してから買います。
いつも基本はタワレコで買ってるけど、店舗特典の絵柄は今回はHMVがいいから今回はHMVにで買おうってのはよくあります。



④同じ雑誌は2冊まで

本当にビジュアルのいいヤツでずっと眺めてられる‼ってヤツは2冊買います。
けど、雑誌って結構かさばって場所取るので、本当に2冊買うのは年に一回あるかないか。



⑤雑誌やグッズは厳選して買う

④とちょっと被るとこもあるけど、雑誌もグッズも場所を取るのでビジュアルやデザイン、価格を考慮して買うようにしてます。
ライブグッズだと絶対決まってるのは、ツアータオルは買うけど、ツアーTシャツは買わないようにしてること。ツアーTシャツって困らない?場所とるし、縮んだり黄ばむのヤダし。



SNSに推しやグループの悪口は呟かない

これは絶対。そもそも好きなタレントの悪口を言う心理がわからないです。
まぁ…TOKIOだと音楽活動が少なくてブーブー言うことはたまにあるけど、最終的には「本当に音楽活動頼むよー」で終わるから悪口は言わないし。
でも、まぁ例の契約解除になった彼の件については例外でめっちゃ言いましたけども…(裏切られた感が強かったため)



⑦自分の好きなのを他者に押し付けない

これは最近本当に気を付けてます。
私はTOKIOが好き、だからあなたもTOKIO好きになって!とは言わないし、CDとかDVDもむやみやたらに貸さないようにしてます。本当に興味ある人なら向こうから言ってくるだろうし。
それに私も押し付けられるの無理なんで。
職場の人がかなりの割合でK-POPが好きらしいんだけど、K-POP勧められても全く興味ない、逆に困る。だからされて困ることはしません。




以上が私のセブンルールでした。

TOKIOと新しい道へ

あの衝撃の事件から私のトキヲタ活動は時を止めてしまいました。

トキヲタ活動は元より、立って息をしていることすらしんどくて生きてることが不思議でした。
唯一仕事してるときだけは忙しくて忘れてたけど、仕事以外の時間は本当に辛かった。

だからせっかくのGWも仕事休みだったのに生きた心地もせずに過ごしていました。





そんなGWの最終日、あのメールが届きました。





5月6日(日)
TOKIOと歩いた14年』という記事をアップしてから数時間後、FCからまさかのメールが届きました。






彼の契約解除というお知らせ。






FCのページに飛び、全文を読みました。
リーダーが社長と面会し、彼の申し出を受け入れるということを話し合ったと。
これからは今あるグループの仕事は四人で活動していくということ。




スマホの画面を見たまま泣いたのはこれで何度目かわかりません。

そしてもう二度と彼には会えないんじゃないかと思い、また泣きました。


4月25日からの12日間は長かったようで、でも決断するには短すぎると思いました。
TOKIOならもう少し時間かけて決めるのではないかと。
でも、長引かせれば報道も長引くだけで、被害者にもメンバーにも良くないこととはわかってました。


だからこの日、私もこのメールを見てある決断をしました。





2018年5月6日は私にとってのトキヲタとして、達也担としての命日だと。




そう決断しました。





じゃあ四人として新たに出発するTOKIOのファンを辞めるのか?





5月7日から四人のTOKIOのトキヲタとして再出発すると決めました。




14年もTOKIOを追いかけてきました。
推しはいなくなってしまったけど、他のメンバーも変わりなく大好きです。


これからは誰担当とか誰推しとかじゃなくて、TOKIOの箱推しでトキヲタしていきたいと思いました。






5月13日(日)
鉄腕DASHの放送を見て、ボロ泣きしました。
当たり前だけど、彼の姿はどこにも映ってなくて。福島の皆さんや木村先生にもご迷惑とご心配をおかけしてる姿を見て、人との信頼は一瞬で崩れるんだなと思いました。

放送終了後、もうDASHでも過去の映像すら彼の姿をみることは出来ないんだなと思い、今までで一番声をあげて泣きました。



泣くのは本当にこれで最後にすると決めたので、この日を最後に泣いてません。







たった12日間で本当に色々あり、私の達也担は5月6日で終了しました。

けど、これからがトキヲタとして新たなスタートだと思ってます。
トキヲタ15年目に向けて四人が頑張る姿をこれからも応援していきたいと思います。






最後に…

時々職場の方から「被害届を出した子に怒りを感じないか?」と聞かれます。
確かに被害届を出されたことで彼は契約解除という道を歩むことになりました。
私達ファンの前からも姿を消しました。

けど、怒りとかムカつくとかそういう気持ちは全くありません。
むしろ彼が病気だったって知った方のがショックでした。
からしっかり治療を受けられる環境を作ってくれるきっかけになったので、被害者の方には本当に躊躇わず被害届を出してくれてありがとうという気持ちです。
ですが、被害者の方は本当に怖い思いをしたと思うので、周りは騒がずゆっくり過ごして欲しいと思います。



そして、トキヲタとして四人のTOKIOを応援していくと決めましたが、契約解除になった彼はもう応援しないのか?




答え…わからない




14年も彼のファンでした。
けど、先日の記事でも書いたように、私は『法を犯さず、健康でいてくれればプライベートには興味ない』ってスタンスなので、やはり法を犯し、健康管理も出来てなかった彼を純粋に応援することは難しいです。


ですが、彼がこれからしっかりと治療に専念してくれればいいなぁとは思ってます。
法を犯してしまいましたが、もう社会的制裁は十分に受けているので、あとは治療、そして健康を取り戻すこと。
人として最低限の生活を送れるようになって、元気になって欲しいので、その点については応援していきたいと思ってます。


正直、どっちつかずの発言になってるのは自分でもわかってます。
けど、そうなってしまうのは紛れもなく彼の純粋なファンだったからだと思います。
この複雑な心境をわかってくれとは言いませんが、達也担だった私の心境はこんな感じです。





これからも四人が矢面に立たされることもあるかもしれませんが、トキヲタとして自分が応援出来ることは精一杯応援していきたいと思ってます。